日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

燕バレが快音連発 フリー打撃で見せた巨人戦大暴れの“兆候”

「自分のプレーができる状態。貢献できると強く思っている」

 こう息巻いたのは、ヤクルトのバレンティン(31)。13日の直前練習ではフリー打撃で快音を連発。ガッツポーズを見せるなど、明らかにハイテンションだった。

 昨オフに左足アキレス腱を手術。4月24日の巨人戦で一軍復帰したが、左足肉離れ。わずか1試合でリタイアすると、5月に米国で左足を手術。9月18日の巨人戦で再び一軍復帰するも、今季は15試合で打率・186、1本塁打、6打点とサッパリだった。

 変化が見えたのは11日のフェニックスリーグ・韓国斗山戦。場外アーチを含む3安打の大当たりだった。前日10日の阪神戦で4タコに終わり、試合後に特打を志願。真中監督はタイミングの取り方を中心にアドバイスし、コーチ陣も手取り足取りでサポートした。その宮出打撃コーチが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事