燕バレが快音連発 フリー打撃で見せた巨人戦大暴れの“兆候”

公開日: 更新日:

「一軍復帰してから、得意なストレートでも空振りが目立っていた。ボールを追っかけて前に突っ込むことに加え、姿勢が前かがみになりがちだった。しっかりした軸を作ってボールを待ち、そこから左足を踏み出すことができれば、ヘッドの走りもバットの角度も良くなって、調子も上がってくるはずです」

 11日に帰京すると、自身の昨年の打席の映像を何度もチェックした。

 もともと、バレは気分屋のところがある。テンションが高いときは集中力も高く、60本塁打を放った13年は左足の痛みを押して強行出場したほど。

 巨人とは相性が良く、昨季は打率.368、8本塁打、17打点。今季も打席数こそ少ないが、打率.333、1本塁打、4打点と、セ5球団で最も打ち込んでいる。今季はケガに泣いた「60発男」だが、最後の最後に大暴れするか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る