空前の混戦制す ヤクルト真中監督が語るリーグVへの道のり

公開日: 更新日:

 マジック1で迎えた2日の阪神戦にサヨナラ勝ちし、14年ぶり7度目の優勝を決めたヤクルト。今季から就任した真中満監督(44)は歓喜の涙を流し、7度宙に舞った。前年の最下位から優勝した新人監督は75年の広島・古葉竹識監督以来、史上2人目(2リーグ制以降)。2年連続最下位チームを見事に立て直した指揮官を直撃した。

――史上空前の大混戦を制しての優勝。ターニングポイントはどこにありましたか?

「優勝を決めるという意味ではやっぱり(9月26、27日の)巨人2連戦で1勝したことが大きかった。3連覇の巨人を倒さない限りは優勝はない。手術明けで来日して間もないバレンティンを、9月18日の巨人戦から一軍に上げたのも、巨人戦が大事だと思っていたし、ここが勝負をかけるタイミングだと思ったから。あとは8月の巨人、阪神6連戦を5勝1敗で乗り切ったことかな。巨人に3連勝して、僕ら首脳陣も選手も自信になった。今思えばあそこがヤマになったかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る