単年契約でお買い得 ヤクルト守護神バーネットが狙われる

公開日:  更新日:

「虎視眈々ですよ」と話すのは、あるパ球団の編成担当。ヤクルトの守護神・バーネット(31)の去就を他球団が注視しているという。

 今季、40セーブを挙げている助っ人守護神は、セーブ王争いでもトップの呉昇桓(阪神)に1差でタイトル獲得も視野に入れている。150キロ超のストレートに加え、切れ味鋭いカットボールを武器に、イニングまたぎも辞さないタフさで2年連続最下位のヤクルトを優勝目前まで押し上げる大活躍を見せている。

 それだけに年俸は大幅増が確実。単年契約のバーネットの今季年俸は155万ドル(約1億8000万円)で「代理人側とすれば今オフが一番の売り時だろう」と、前出の編成担当が続ける。

「複数の球団がリリーフ投手の補強を検討している。巨人もそうでしょう。昨季までの3連覇に貢献したセットアッパーのマシソンが28ホールドを挙げつつも8敗と低迷。大事な場面で痛打を浴びるなど衰えを見せ始めている。阪神も興味津々。守護神の呉昇桓が今季で2年契約が切れる。昨季は39セーブでセーブ王のタイトルを獲得し、今季も41セーブ。2年連続の活躍でメジャーも獲得調査に乗り出しており、年俸3億円(推定)から来季は5億円前後の攻防になるだけに、条件が折り合わない場合は退団もあるようだ。バーネットは呉と同程度の活躍が期待できる上に、呉よりも安い3億~3億5000万円程度で獲得できると踏んでいるみたいだね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る