黄金時代を彷彿 ヤクルトは「高卒野手」上位指名でまたも成功

公開日:  更新日:

 14年ぶりのリーグ優勝を果たしたヤクルトのスタメンには、高卒野手がずらりと並ぶ。

 川端(05年高校生ドラフト3位)、山田(10年1位)、畠山(00年5位)の中軸トリオに加え、投手から野手に転向した雄平(02年1位)、12球団で唯一、捕手で規定打席に到達した中村(08年3位)、そして終盤から1番に定着している上田(06年高校生ドラフト3位)も含めると6人。12球団で最も多い。

 ヤクルトは90年代の黄金時代も池山、飯田、土橋といった高卒野手が活躍。なかでも遊撃、三塁でチームの顔として長年活躍した池山の成功により、数年おきに高卒の大型内野手を上位指名してきた。三木=95年1位、岩村=96年2位、野口=99年1位らがそうだ。

 高卒野手は成功すれば長くレギュラーを張れる。ただ、どの球団も即戦力投手を何より優先、育成が必要な彼らの獲得は二の次になる傾向がある。ヤクルトはしかし、これと見込んだ高卒野手をリスク覚悟で上位指名してきたことが成功につながった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る