• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バレンティンが暴行したベネズエラ出身カーラ夫人の“素性”

 事件の波紋はますます広がりつつある。
 13日、ヤクルトのバレンティン(29)がカーラ夫人(30)へ暴行、監禁したとして逮捕された一件。16日発売の週刊文春では、その現場に居合わせたという日本人ジャーナリストが一部始終をリポートしている。

 記事によるとこのジャーナリストは、犯行があった12日、カーラ夫人を取材するため、自宅を訪れていた。そこへバレが家を訪ねてきて、ドアや窓を叩くなどして侵入すると、夫人と激しく口論。夫人を抱え込むようにしてベッドルームに入り、内鍵をかけたという。夫人の母親が「娘が殺される」と泣き叫び、夫人の二の腕はバレに強く握られ赤くなっていたそうだ。その後、警察に逮捕され、連行される写真も収められている。

 民放テレビも、米国発の関連情報を続々と報じた。バレが現地の裁判所に出廷したニュースを流すと、カーラ夫人の自宅を直撃。夫人は「今、精神的にとても疲れています。(暴力は)初めてです」と語る一方、「夫のキャリアを尊重して欲しい」と気遣うところも見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る