バレンティンが暴行したベネズエラ出身カーラ夫人の“素性”

公開日:  更新日:

 事件の波紋はますます広がりつつある。
 13日、ヤクルトのバレンティン(29)がカーラ夫人(30)へ暴行、監禁したとして逮捕された一件。16日発売の週刊文春では、その現場に居合わせたという日本人ジャーナリストが一部始終をリポートしている。

 記事によるとこのジャーナリストは、犯行があった12日、カーラ夫人を取材するため、自宅を訪れていた。そこへバレが家を訪ねてきて、ドアや窓を叩くなどして侵入すると、夫人と激しく口論。夫人を抱え込むようにしてベッドルームに入り、内鍵をかけたという。夫人の母親が「娘が殺される」と泣き叫び、夫人の二の腕はバレに強く握られ赤くなっていたそうだ。その後、警察に逮捕され、連行される写真も収められている。

 民放テレビも、米国発の関連情報を続々と報じた。バレが現地の裁判所に出廷したニュースを流すと、カーラ夫人の自宅を直撃。夫人は「今、精神的にとても疲れています。(暴力は)初めてです」と語る一方、「夫のキャリアを尊重して欲しい」と気遣うところも見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る