• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

由伸巨人のキーマン尾花投手コーチが明かす「投手陣再建策」

 監督経験者が高橋由伸新監督(40)を支える。二軍投手総合コーチから配置転換となった尾花高夫一軍投手コーチ(58)である。今季のチーム防御率は12球団トップの2.78。一見、盤石だが、改善点は「救援陣」。秋季キャンプ中の若手の中から勝ちパターンに抜擢したい意向を明かした。横浜の監督経験があり、新監督を“教育”中の頭脳派コーチに聞いた。

 2度目の巨人一軍投手コーチ。前回06年の1年目のチーム防御率は前年の4.80から3.65と一気に改善。以降、07年3.58、08年3.37、09年2.94と年々数字を上げた。

「あの時は悪過ぎた。最初は4点いくつだもん。今年はいいでしょ。でも改善の余地はありますよ」

 勝利の方程式の3人が引っ掛かっていたという。

「3人で16敗という事実がありますよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る