NPBなぜ弱腰 巨人への制裁金1000万円の“抑止力”に疑問符

公開日:  更新日:

 ゾウが蚊に刺された程度の「処分」だ。

 プロ野球界を揺るがす巨人選手の野球賭博問題。日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナーが去る10日、福田聡志(32)、笠原将生(24)、松本竜也(22)の3選手を無期失格処分にした。

 3選手は今後、処分を解かれない限り、他国や独立リーグでのプレーはもちろん、アマ球界の指導者にもなれない。

 球界から追い出されることになった福田は、「今後はわからない。野球しかしてこなかったので……」と語ったそうだが、彼らにとっての「第二の人生」が厳しいものになることは想像に難くない。

 一方、NPBは巨人に対しても1000万円の制裁金を科す裁定を下した。NPB関係者によればこの金額は、過去の制裁金の例を参考にし、今回は報告、調査が迅速で、調査委員会に協力的だったことから決まったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る