巨人ドラ1右腕・桜井の母語る「天才児秘話」と「ベンツ事件」

公開日:  更新日:

 巨人のドラフト1位右腕・桜井俊貴(22)の父・忠俊さん(56)は兵庫県内の高校を卒業後、神戸市内に本社を構える洋菓子メーカー「ゴンチャロフ」に就職した。大正12年創業。ロシア人のマカロフ・ゴンチャロフ氏が、現在も異人館の街として有名な神戸市生田区北野町で個人経営を始めてから92年。今は「神戸発祥の高級チョコレートの老舗」として全国に100以上の店舗を展開している。忠俊さんは、その「ゴンチャロフ」で勤続40年弱、工場勤務などで一家を支えた。

 そんな忠俊さんと専業主婦の幸子さん(53)との間に生まれた俊貴は、3896グラムのビッグベビーだった。「他の子と比べて何回りも大きかったです」と言う幸子さんは身長158センチだが、忠俊さんは180センチの長身。

「主人のお兄さんは190センチ、祖父も180センチほどあって、主人の方は大柄な家系。体格も運動神経も父親譲りです」と幸子さんは笑う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る