巨人ドラ1右腕・桜井の母語る「天才児秘話」と「ベンツ事件」

公開日:  更新日:

 巨人のドラフト1位右腕・桜井俊貴(22)の父・忠俊さん(56)は兵庫県内の高校を卒業後、神戸市内に本社を構える洋菓子メーカー「ゴンチャロフ」に就職した。大正12年創業。ロシア人のマカロフ・ゴンチャロフ氏が、現在も異人館の街として有名な神戸市生田区北野町で個人経営を始めてから92年。今は「神戸発祥の高級チョコレートの老舗」として全国に100以上の店舗を展開している。忠俊さんは、その「ゴンチャロフ」で勤続40年弱、工場勤務などで一家を支えた。

 そんな忠俊さんと専業主婦の幸子さん(53)との間に生まれた俊貴は、3896グラムのビッグベビーだった。「他の子と比べて何回りも大きかったです」と言う幸子さんは身長158センチだが、忠俊さんは180センチの長身。

「主人のお兄さんは190センチ、祖父も180センチほどあって、主人の方は大柄な家系。体格も運動神経も父親譲りです」と幸子さんは笑う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る