内田打撃コーチ巨人貧打の原因語る 「年齢より精神的なもの」

公開日: 更新日:

 巨人高橋由伸新監督(40)が10日、監督就任後初めてノックを行った。宮崎秋季キャンプ第1クール最終日。投手陣の特守を視察した高橋監督が、内海と大竹に計145本。「少しでもいい刺激になれば」と汗を拭った。とはいえ、チームの最重要課題は今季リーグ最低の打率.243に終わった貧打の解消。そのキーマンは二軍から一軍担当になり、今キャンプでも熱血指導を行う内田順三打撃コーチ(68)。83年から広島、巨人で指導を続け、高橋監督らを育てた。30年以上にわたり、一度もユニホームを脱いでいない名伯楽に聞いた。

――秋季キャンプでも熱血指導。新人の岡本が目立っている。

「フェニックスリーグでかなり良くなった。ナンバーワンだったね。来年は主軸とはいわないけど、一軍のレギュラークラスの感触はあったと思う。もちろん、まだまだ課題はある。スタンスが大きくなりすぎる悪いクセがあるから、両足首に(伸びる)バンドを巻いてずっと練習している。軸回転で打てるようにね。両足の内転筋を鍛える効果もある。今日のシート打撃はみんなに『センターから右へ45度(右中間)くらいを意識しよう』と言ったんだけど、岡本は右方向へ強い打球を打ってたね。でも……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. 6

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  7. 7

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る