内田打撃コーチ巨人貧打の原因語る 「年齢より精神的なもの」

公開日:  更新日:

 巨人の高橋由伸新監督(40)が10日、監督就任後初めてノックを行った。宮崎秋季キャンプ第1クール最終日。投手陣の特守を視察した高橋監督が、内海と大竹に計145本。「少しでもいい刺激になれば」と汗を拭った。とはいえ、チームの最重要課題は今季リーグ最低の打率.243に終わった貧打の解消。そのキーマンは二軍から一軍担当になり、今キャンプでも熱血指導を行う内田順三打撃コーチ(68)。83年から広島、巨人で指導を続け、高橋監督らを育てた。30年以上にわたり、一度もユニホームを脱いでいない名伯楽に聞いた。

――秋季キャンプでも熱血指導。新人の岡本が目立っている。

「フェニックスリーグでかなり良くなった。ナンバーワンだったね。来年は主軸とはいわないけど、一軍のレギュラークラスの感触はあったと思う。もちろん、まだまだ課題はある。スタンスが大きくなりすぎる悪いクセがあるから、両足首に(伸びる)バンドを巻いてずっと練習している。軸回転で打てるようにね。両足の内転筋を鍛える効果もある。今日のシート打撃はみんなに『センターから右へ45度(右中間)くらいを意識しよう』と言ったんだけど、岡本は右方向へ強い打球を打ってたね。でも……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る