内田打撃コーチ巨人貧打の原因語る 「年齢より精神的なもの」

公開日:  更新日:

 巨人の高橋由伸新監督(40)が10日、監督就任後初めてノックを行った。宮崎秋季キャンプ第1クール最終日。投手陣の特守を視察した高橋監督が、内海と大竹に計145本。「少しでもいい刺激になれば」と汗を拭った。とはいえ、チームの最重要課題は今季リーグ最低の打率.243に終わった貧打の解消。そのキーマンは二軍から一軍担当になり、今キャンプでも熱血指導を行う内田順三打撃コーチ(68)。83年から広島、巨人で指導を続け、高橋監督らを育てた。30年以上にわたり、一度もユニホームを脱いでいない名伯楽に聞いた。

――秋季キャンプでも熱血指導。新人の岡本が目立っている。

「フェニックスリーグでかなり良くなった。ナンバーワンだったね。来年は主軸とはいわないけど、一軍のレギュラークラスの感触はあったと思う。もちろん、まだまだ課題はある。スタンスが大きくなりすぎる悪いクセがあるから、両足首に(伸びる)バンドを巻いてずっと練習している。軸回転で打てるようにね。両足の内転筋を鍛える効果もある。今日のシート打撃はみんなに『センターから右へ45度(右中間)くらいを意識しよう』と言ったんだけど、岡本は右方向へ強い打球を打ってたね。でも……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る