広島ホクホク…過去最高益の潤沢資金をどう使う?

公開日: 更新日:

「まさにバブルです」

 広島のマスコミ関係者がこう言った。

 前田健太(27)のポスティングによるメジャー挑戦を容認した広島。入札金は上限の2000万ドル(約24億円)に設定されているとみられる。

「前田の24億円に加え、今季の広島は過去最高益を更新するはずです」と、前出の関係者がこう続ける。

「昨年度の決算では、観客動員が過去最多となる190万人を記録して入場料収入が増え、純利益は5億7000万円に達した。今年は“黒田効果”もあり、観客動員はさらに増えて211万人という驚異的な数字になった。グッズ収入も今季途中の段階で、対前年比10億円増のペースといわれていた。これに入札金という『特別収入』を加えれば純利が2倍、3倍になっても不思議ではない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る