広島ホクホク…過去最高益の潤沢資金をどう使う?

公開日:  更新日:

「まさにバブルです」

 広島のマスコミ関係者がこう言った。

 前田健太(27)のポスティングによるメジャー挑戦を容認した広島。入札金は上限の2000万ドル(約24億円)に設定されているとみられる。

「前田の24億円に加え、今季の広島は過去最高益を更新するはずです」と、前出の関係者がこう続ける。

「昨年度の決算では、観客動員が過去最多となる190万人を記録して入場料収入が増え、純利益は5億7000万円に達した。今年は“黒田効果”もあり、観客動員はさらに増えて211万人という驚異的な数字になった。グッズ収入も今季途中の段階で、対前年比10億円増のペースといわれていた。これに入札金という『特別収入』を加えれば純利が2倍、3倍になっても不思議ではない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る