巨人戦の放映権をケーブルTV局に売った広島カープの思惑

公開日:  更新日:

 首位攻防の阪神戦に3連勝。勇躍、広島に乗り込んだ巨人がエースの前田健太と激突する試合である。21日のナイター中継を楽しみにしていた多くのG党は、スポーツ紙の放送予定を見て目が点になったのではないか。

 日刊スポーツの「今日のプロ野球」の欄には、ニッポン放送とTBSラジオのラジオ2局が載っているのみ。テレビでは民放地上波やBS放送はもちろん、プロ野球の全試合をカバーしてくれるはずのCS放送でも中継がなかったのだ。

「異例のことです」と、民放局の関係者がこう続ける。

「知り合いのスポーツ紙記者に『巨人戦はついにCS放送からも見放されたの?』と聞かれましたが、そういうことではありません。この日の広島-巨人戦は『J:COMテレビ』を中心としたケーブルテレビ各局が独占生中継したためです。北海道から九州まで1300万世帯以上が視聴可能とはいえ、J:COMなどケーブルテレビに加入していなければ、ラジオを聞くか午後10時55分から録画放送したCSを見るしかなかった。ガッカリした巨人ファンは多かったでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る