巨人戦の放映権をケーブルTV局に売った広島カープの思惑

公開日: 更新日:

 首位攻防の阪神戦に3連勝。勇躍、広島に乗り込んだ巨人がエースの前田健太と激突する試合である。21日のナイター中継を楽しみにしていた多くのG党は、スポーツ紙の放送予定を見て目が点になったのではないか。

 日刊スポーツの「今日のプロ野球」の欄には、ニッポン放送とTBSラジオのラジオ2局が載っているのみ。テレビでは民放地上波やBS放送はもちろん、プロ野球の全試合をカバーしてくれるはずのCS放送でも中継がなかったのだ。

「異例のことです」と、民放局の関係者がこう続ける。

「知り合いのスポーツ紙記者に『巨人戦はついにCS放送からも見放されたの?』と聞かれましたが、そういうことではありません。この日の広島-巨人戦は『J:COMテレビ』を中心としたケーブルテレビ各局が独占生中継したためです。北海道から九州まで1300万世帯以上が視聴可能とはいえ、J:COMなどケーブルテレビに加入していなければ、ラジオを聞くか午後10時55分から録画放送したCSを見るしかなかった。ガッカリした巨人ファンは多かったでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  3. 3

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  8. 8

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る