巨人戦の放映権をケーブルTV局に売った広島カープの思惑

公開日: 更新日:

 首位攻防の阪神戦に3連勝。勇躍、広島に乗り込んだ巨人がエースの前田健太と激突する試合である。21日のナイター中継を楽しみにしていた多くのG党は、スポーツ紙の放送予定を見て目が点になったのではないか。

 日刊スポーツの「今日のプロ野球」の欄には、ニッポン放送とTBSラジオのラジオ2局が載っているのみ。テレビでは民放地上波やBS放送はもちろん、プロ野球の全試合をカバーしてくれるはずのCS放送でも中継がなかったのだ。

「異例のことです」と、民放局の関係者がこう続ける。

「知り合いのスポーツ紙記者に『巨人戦はついにCS放送からも見放されたの?』と聞かれましたが、そういうことではありません。この日の広島-巨人戦は『J:COMテレビ』を中心としたケーブルテレビ各局が独占生中継したためです。北海道から九州まで1300万世帯以上が視聴可能とはいえ、J:COMなどケーブルテレビに加入していなければ、ラジオを聞くか午後10時55分から録画放送したCSを見るしかなかった。ガッカリした巨人ファンは多かったでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る