• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日米メディア騒然も…マエケンのロス入り「本当の目的」

「ロサンゼルスに入ったから希望は西海岸」「ドジャースやパドレスの球団施設を見学する」「滞在中にオファーを受けるかもしれない」

 入札制度でメジャー挑戦する前田健太(27)が渡米、14日(現地時間)にロス入りしたことを受けて、日米両メディアがかまびすしい。

 現在の入札制度は移籍金付きFAのようなものだ。マエケンサイド、つまり代理人と移籍金を払う意思のあるメジャー球団の交渉期限は、米東部時間来年1月8日午後5時(日本時間1月9日午前7時)。時間は十分あるだけに、少しでも良い条件を引き出したい代理人が結論を急ぐとは思えない。球団側も最終的なオファーを出すのはまだ先だろう。

 それならマエケンは今回、なぜ、わざわざロスに行ったのか。

「現地で健康診断を受けるのが主な目的でしょう。それと代理人が球団幹部にプレゼンテーションをさせるかもしれません」と、代理人関係者がこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る