• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日米メディア騒然も…マエケンのロス入り「本当の目的」

「ロサンゼルスに入ったから希望は西海岸」「ドジャースやパドレスの球団施設を見学する」「滞在中にオファーを受けるかもしれない」

 入札制度でメジャー挑戦する前田健太(27)が渡米、14日(現地時間)にロス入りしたことを受けて、日米両メディアがかまびすしい。

 現在の入札制度は移籍金付きFAのようなものだ。マエケンサイド、つまり代理人と移籍金を払う意思のあるメジャー球団の交渉期限は、米東部時間来年1月8日午後5時(日本時間1月9日午前7時)。時間は十分あるだけに、少しでも良い条件を引き出したい代理人が結論を急ぐとは思えない。球団側も最終的なオファーを出すのはまだ先だろう。

 それならマエケンは今回、なぜ、わざわざロスに行ったのか。

「現地で健康診断を受けるのが主な目的でしょう。それと代理人が球団幹部にプレゼンテーションをさせるかもしれません」と、代理人関係者がこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る