日米メディア騒然も…マエケンのロス入り「本当の目的」

公開日: 更新日:

「ロサンゼルスに入ったから希望は西海岸」「ドジャースやパドレスの球団施設を見学する」「滞在中にオファーを受けるかもしれない」

 入札制度でメジャー挑戦する前田健太(27)が渡米、14日(現地時間)にロス入りしたことを受けて、日米両メディアがかまびすしい。

 現在の入札制度は移籍金付きFAのようなものだ。マエケンサイド、つまり代理人と移籍金を払う意思のあるメジャー球団の交渉期限は、米東部時間来年1月8日午後5時(日本時間1月9日午前7時)。時間は十分あるだけに、少しでも良い条件を引き出したい代理人が結論を急ぐとは思えない。球団側も最終的なオファーを出すのはまだ先だろう。

 それならマエケンは今回、なぜ、わざわざロスに行ったのか。

「現地で健康診断を受けるのが主な目的でしょう。それと代理人が球団幹部にプレゼンテーションをさせるかもしれません」と、代理人関係者がこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る