日米メディア騒然も…マエケンのロス入り「本当の目的」

公開日:  更新日:

「ロサンゼルスに入ったから希望は西海岸」「ドジャースやパドレスの球団施設を見学する」「滞在中にオファーを受けるかもしれない」

 入札制度でメジャー挑戦する前田健太(27)が渡米、14日(現地時間)にロス入りしたことを受けて、日米両メディアがかまびすしい。

 現在の入札制度は移籍金付きFAのようなものだ。マエケンサイド、つまり代理人と移籍金を払う意思のあるメジャー球団の交渉期限は、米東部時間来年1月8日午後5時(日本時間1月9日午前7時)。時間は十分あるだけに、少しでも良い条件を引き出したい代理人が結論を急ぐとは思えない。球団側も最終的なオファーを出すのはまだ先だろう。

 それならマエケンは今回、なぜ、わざわざロスに行ったのか。

「現地で健康診断を受けるのが主な目的でしょう。それと代理人が球団幹部にプレゼンテーションをさせるかもしれません」と、代理人関係者がこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る