現役続行表明で企画続々 広島が仕掛ける「黒田ビジネス」

公開日: 更新日:

 1年限りの限定商売だ。

 来季の現役続行が決まった広島の黒田(40)。鈴木球団本部長は去る8日、「本人から連絡があった。契約更改? 彼のキャリアを見ても恥ずかしくない額を提示する」と明言した。

 今季は11勝8敗、防御率2.55。成績以上に黒田の存在はカープファンを沸き立たせ、球団の商売に大きく貢献した。現在の年俸4億円からアップは確実。「1億円アップの5億円になるのでは」といわれている。

 しかし、悩み抜いて現役続行を決断したように、黒田が来季限りで引退するのは間違いない。今季故障した右肩、右足首も完治していないという。

 地元のマスコミ関係者は「商魂たくましい広島のこと、黒田を使った大掛かりなビジネスを展開するはずです」と、こう話す。

「マエケンのポスティングで約24億円が入るとはいえ、球団経営には山ほどカネがかかる。何とか黒田の現役最終年を商売につなげたいはずです。例えば、登板日は土日を避けて客入りの悪い平日にする。来季限定の黒田グッズも、山ほど企画されているはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  10. 10

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

もっと見る