• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

五輪新エンブレム 「市松」模様に「一抹」の不安

 あれだけ揉めに揉めた2020年東京オリンピックエンブレムがやっとこさ決まった。

 なんだ、どってことねえデザインだな。また大山鳴動してコレかい。

 これが2020年までに日本中に貼り出され、それを指さして母親が子どもに「ホラ、これがオリンピックのマークよ」。子ども「パクリンピックじゃないの?」。

 四角の寄せ集め、日本伝統の「市松」模様がモチーフだそうで、「一抹」の不安があるとすりゃ、「ひいじいさんの代に漬け込んだタクアン樽に同じ刻印があった」だのネットで暇な連中があちこちをひっくり返しちゃ、またぞろ騒ぎ出すに決まっとる(うちの近くの公園の公衆便所、男子便器の真ん中あたりに「ここを狙ってシテね」という青い的が刻印されておって、色なんかよく似ているな~と感じるが気のせいじゃ、許せ)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る