• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

五輪新エンブレム 「市松」模様に「一抹」の不安

 あれだけ揉めに揉めた2020年東京オリンピックエンブレムがやっとこさ決まった。

 なんだ、どってことねえデザインだな。また大山鳴動してコレかい。

 これが2020年までに日本中に貼り出され、それを指さして母親が子どもに「ホラ、これがオリンピックのマークよ」。子ども「パクリンピックじゃないの?」。

 四角の寄せ集め、日本伝統の「市松」模様がモチーフだそうで、「一抹」の不安があるとすりゃ、「ひいじいさんの代に漬け込んだタクアン樽に同じ刻印があった」だのネットで暇な連中があちこちをひっくり返しちゃ、またぞろ騒ぎ出すに決まっとる(うちの近くの公園の公衆便所、男子便器の真ん中あたりに「ここを狙ってシテね」という青い的が刻印されておって、色なんかよく似ているな~と感じるが気のせいじゃ、許せ)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る