松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

五輪新エンブレム 「市松」模様に「一抹」の不安

公開日:  更新日:

 あれだけ揉めに揉めた2020年東京オリンピックエンブレムがやっとこさ決まった。

 なんだ、どってことねえデザインだな。また大山鳴動してコレかい。

 これが2020年までに日本中に貼り出され、それを指さして母親が子どもに「ホラ、これがオリンピックのマークよ」。子ども「パクリンピックじゃないの?」。

 四角の寄せ集め、日本伝統の「市松」模様がモチーフだそうで、「一抹」の不安があるとすりゃ、「ひいじいさんの代に漬け込んだタクアン樽に同じ刻印があった」だのネットで暇な連中があちこちをひっくり返しちゃ、またぞろ騒ぎ出すに決まっとる(うちの近くの公園の公衆便所、男子便器の真ん中あたりに「ここを狙ってシテね」という青い的が刻印されておって、色なんかよく似ているな~と感じるが気のせいじゃ、許せ)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る