松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

わりいことをした罪滅ぼしに募金箱を持ったやつぁ、一人もおるまいな?

公開日:  更新日:

 東日本大震災が発生してすぐ、はるかヨーロッパのプロサッカーチーム「シャルケ」に所属してピッチを駆け回っていたDF内田篤人が、被災地を励ます言葉を手書きした自分のユニホームを中継カメラに示して見せた。「いつもあなた方と一緒だよ」というメッセージ。なにをイキがりやがって、と思ったやつはいない。スポーツ選手の被災者への純粋な心根が、よく分かった例。

 被災地出身の選手だったりすると思いはさらに強くなる。熊本出身のプロゴルファー永野竜太郎は、被災地の窮状を思って奮起し3位になった。福岡出身の巨人村田は被災地を思い奮起してホームランを打った。福岡出身のソフトバンク吉村は長いスランプだったが、「打てないくらいで悩んではダメ。苦しんで戦っている人がいる」と奮起してサヨナラホームランを打った。大分出身の内川はヒーローインタビューで自慢のアゴをしゃくりあげて泣いた。いいこっちゃないかい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る