• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

わりいことをした罪滅ぼしに募金箱を持ったやつぁ、一人もおるまいな?

 東日本大震災が発生してすぐ、はるかヨーロッパのプロサッカーチーム「シャルケ」に所属してピッチを駆け回っていたDF内田篤人が、被災地を励ます言葉を手書きした自分のユニホームを中継カメラに示して見せた。「いつもあなた方と一緒だよ」というメッセージ。なにをイキがりやがって、と思ったやつはいない。スポーツ選手の被災者への純粋な心根が、よく分かった例。

 被災地出身の選手だったりすると思いはさらに強くなる。熊本出身のプロゴルファー永野竜太郎は、被災地の窮状を思って奮起し3位になった。福岡出身の巨人村田は被災地を思い奮起してホームランを打った。福岡出身のソフトバンク吉村は長いスランプだったが、「打てないくらいで悩んではダメ。苦しんで戦っている人がいる」と奮起してサヨナラホームランを打った。大分出身の内川はヒーローインタビューで自慢のアゴをしゃくりあげて泣いた。いいこっちゃないかい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

もっと見る