松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

政治家連中にバド桃田を責める資格なし!

公開日: 更新日:

 バドミントン選手の賭博について遠藤五輪相、

「怒りを覚える。期待を裏切ったのは言語道断だ」

 おい遠藤。五輪のゴタゴタで一番期待を裏切ったおめえに言われたかぁねんだよ。

「東京五輪に向けてもいい影響はあり得ない」

 東京五輪に向けて悪い影響ばかり与えてるおめえに言われたかぁねんだよ。

「リオ大会で国民の皆さんが盛り上がってきている時に、水を差した形だ」

 リオも東京も、五輪に水を差してるおめえに言われたかぁねんだよバカヤロウが。

 違法賭博に手を出すのが悪いのは当たり前。問題を起こした柔道の例もあるから、金の出入りを透明にしてきたバドミントン協会の落胆は大いに分かるが、国から強化費をもらっている身だからといって言語道断と切り捨てる態度は鼻持ちならん。桃田の収入のほとんどは賞金とスポンサーからの助成金。まがりなりにも自分で勝ち取ったんだ。全額税金で食ってる政治家が偉そうに説教垂れる立場か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る