松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

政治家連中にバド桃田を責める資格なし!

公開日: 更新日:

 バドミントン選手の賭博について遠藤五輪相、

「怒りを覚える。期待を裏切ったのは言語道断だ」

 おい遠藤。五輪のゴタゴタで一番期待を裏切ったおめえに言われたかぁねんだよ。

東京五輪に向けてもいい影響はあり得ない」

 東京五輪に向けて悪い影響ばかり与えてるおめえに言われたかぁねんだよ。

「リオ大会で国民の皆さんが盛り上がってきている時に、水を差した形だ」

 リオも東京も、五輪に水を差してるおめえに言われたかぁねんだよバカヤロウが。

 違法賭博に手を出すのが悪いのは当たり前。問題を起こした柔道の例もあるから、金の出入りを透明にしてきたバドミントン協会の落胆は大いに分かるが、国から強化費をもらっている身だからといって言語道断と切り捨てる態度は鼻持ちならん。桃田の収入のほとんどは賞金とスポンサーからの助成金。まがりなりにも自分で勝ち取ったんだ。全額税金で食ってる政治家が偉そうに説教垂れる立場か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る