• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「カネ出し付き声出し」で野球賭博から逃げるんじゃねえぞ!

 芋づる式に白状した。野球協約に違反していないのなら堂々と、「試合に勝つためのゲン担ぎであり、なんら臆することはない!」と主張すればよかろうに、泡を食った様子がありあり。

「今日も勝つぞ、お~」と輪になって「声出し」ついでに「カネ出し」。牢名主サマ御開帳のショバ代集めじゃあるめえし、牢名主が代わっても「カネ出し付き声出し」が習慣になったというのか?

 純粋な気合入れで試合前に「声出し」している高校野球の生徒たちに申し開きができるのかバカタレが!

 試合前の声出しとは、一般の勤め先では始業前の朝礼にあたる。張本勲が「この国じゃみんなやってる」? 冗談じゃない。

 工事現場の朝礼、親会社の現場監督が「今日も一日、悔い(杭)を残すな安全確認!」と「声出し」して、脱いだヘルメットに下請け会社作業員が全員500円ずつチャリンと入れて、手抜きが発覚したら親会社が総取りするってのか? 下請けはとっくに倒産してとうさん食いッぱぐれるぜ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る