松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「カネ出し付き声出し」で野球賭博から逃げるんじゃねえぞ!

公開日: 更新日:

 芋づる式に白状した。野球協約に違反していないのなら堂々と、「試合に勝つためのゲン担ぎであり、なんら臆することはない!」と主張すればよかろうに、泡を食った様子がありあり。

「今日も勝つぞ、お~」と輪になって「声出し」ついでに「カネ出し」。牢名主サマ御開帳のショバ代集めじゃあるめえし、牢名主が代わっても「カネ出し付き声出し」が習慣になったというのか?

 純粋な気合入れで試合前に「声出し」している高校野球の生徒たちに申し開きができるのかバカタレが!

 試合前の声出しとは、一般の勤め先では始業前の朝礼にあたる。張本勲が「この国じゃみんなやってる」? 冗談じゃない。

 工事現場の朝礼、親会社の現場監督が「今日も一日、悔い(杭)を残すな安全確認!」と「声出し」して、脱いだヘルメットに下請け会社作業員が全員500円ずつチャリンと入れて、手抜きが発覚したら親会社が総取りするってのか? 下請けはとっくに倒産してとうさん食いッぱぐれるぜ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る