日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ナ最優秀監督受賞 “マエケンのボス”成功に日本人母の献身

 前田健太(28)のボスとして知られる新人指揮官が、最高の栄誉を手にした。

 ドジャースのデーブ・ロバーツ監督(44)が15日(日本時間16日)、ナ・リーグの最優秀監督賞を受賞した。ドジャースの年俸総額2億2000万ドル(約240億円)はメジャー2位。サイ・ヤング賞左腕カーショウらスター選手を揃えながら、今季は故障者続出。カーショウを筆頭に、故障者リスト(DL)入りは28人を数えたが、ベテラン、若手と巧みな選手起用でチームを地区4連覇に導いた。マーリンズ・イチローより1歳上と若いため、時には一緒に汗を流しながらコミュニケーションを図り、選手の状態把握に努めたという。

■野茂、石井らに日本食を差し入れ

 沖縄出身のロバーツ監督は、日本人の栄子さん(68)を母に持つ。昨年12月の就任会見では「マイノリティーとして初めての仕事で(球団史上初の非白人監督)、責任は大きい」と話していた指揮官の成功は、栄子さんの存在も無視できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事