ナ最優秀監督受賞 “マエケンのボス”成功に日本人母の献身

公開日: 更新日:

 前田健太(28)のボスとして知られる新人指揮官が、最高の栄誉を手にした。

 ドジャースのデーブ・ロバーツ監督(44)が15日(日本時間16日)、ナ・リーグの最優秀監督賞を受賞した。ドジャースの年俸総額2億2000万ドル(約240億円)はメジャー2位。サイ・ヤング賞左腕カーショウらスター選手を揃えながら、今季は故障者続出。カーショウを筆頭に、故障者リスト(DL)入りは28人を数えたが、ベテラン、若手と巧みな選手起用でチームを地区4連覇に導いた。マーリンズ・イチローより1歳上と若いため、時には一緒に汗を流しながらコミュニケーションを図り、選手の状態把握に努めたという。

■野茂、石井らに日本食を差し入れ

 沖縄出身のロバーツ監督は、日本人の栄子さん(68)を母に持つ。昨年12月の就任会見では「マイノリティーとして初めての仕事で(球団史上初の非白人監督)、責任は大きい」と話していた指揮官の成功は、栄子さんの存在も無視できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る