マエケンは3位で逃す…同僚シーガーが満票で新人王受賞

公開日:

 日本人右腕が、栄えある賞を逃した。

 MLBは14日(日本時間15日)、最優秀新人を発表し、ナ・リーグはドジャースのコーリー・シーガー内野手(22)がメジャー史上21人目となる満票で受賞。最終候補3人に残った同僚の前田健太(28)は3位の得票だった。

 シーガーは157試合で打率3割8厘、26本塁打、72打点、105得点。新人ながら打線を牽引し、チームのリーグ優勝に貢献した。前田はシーズンを通じてローテーションを守り、32試合で16勝(11敗)をマークしたものの、新人王を争ったのが強打の同僚では、相手が悪かった。

 ア・リーグはタイガース右腕のマイケル・ファルマー(23=11勝7敗、防御率3.06)が選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る