日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“投壊”侍ジャパンに待望論 「上原守護神」を阻む複雑事情

 侍ジャパンの投手陣は、強化試合4試合で7、4、8、10失点とよく打たれた。

 8人の先発候補が4戦で31安打23失点と崩れたが、抑えだって不安である。小久保監督はクローザーを固定せずに臨機応変に投手を起用したが、どうもピリッとしない。1戦目の最終回のマウンドに上がった山崎康(DeNA)は3失点。3戦目の九回に登板した大瀬良(広島)も2点差をひっくり返され、こちらも3点を失った。これが本大会なら目も当てられない。日本人メジャーリーガー待望論が噴出するのも当然だ。

 小久保監督だって分かっている。レッドソックスからFAとなっている上原浩治(41)、ドジャース・前田健太(28)、ヤンキース・田中将大(28)、アストロズ・青木宣親(34)の4人を軸に招集を検討しているという。スポーツマスコミは、まるで全員が出場するかのように報じているが、前回大会はイチローをはじめ、ダルビッシュら日本人メジャーリーガーが全員辞退した。さるMLB関係者は「今回も出場は厳しいでしょう」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事