“投壊”侍ジャパンに待望論 「上原守護神」を阻む複雑事情

公開日:

 侍ジャパンの投手陣は、強化試合4試合で7、4、8、10失点とよく打たれた。

 8人の先発候補が4戦で31安打23失点と崩れたが、抑えだって不安である。小久保監督はクローザーを固定せずに臨機応変に投手を起用したが、どうもピリッとしない。1戦目の最終回のマウンドに上がった山崎康(DeNA)は3失点。3戦目の九回に登板した大瀬良(広島)も2点差をひっくり返され、こちらも3点を失った。これが本大会なら目も当てられない。日本人メジャーリーガー待望論が噴出するのも当然だ。

 小久保監督だって分かっている。レッドソックスからFAとなっている上原浩治(41)、ドジャース・前田健太(28)、ヤンキース・田中将大(28)、アストロズ・青木宣親(34)の4人を軸に招集を検討しているという。スポーツマスコミは、まるで全員が出場するかのように報じているが、前回大会はイチローをはじめ、ダルビッシュら日本人メジャーリーガーが全員辞退した。さるMLB関係者は「今回も出場は厳しいでしょう」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る