GM発言は建前か 田中将大の「WBC出場」期待できない理由

公開日: 更新日:

「あくまで建前だろう」 こう語るのは、あるメジャー球団の関係者だ。

 8日、ヤンキースのキャッシュマンGMが田中将大(28)の来春WBCの選手派遣について、決定権は大会の主催者であるMLBと選手会にあるとし、「ケガがなければ、選手が出るかどうかを決められるルールになっている」と発言。これが侍ジャパン入りへの追い風になる、と一部で話題になっている。

「スポニチ」紙上では前大会の監督だった山本浩二氏らがコラムを寄稿。同氏は前回大会について「メジャーリーガーの不在が響いた」とし、「国内組は若い選手が多い。MLB経験者のように実績ある選手がチームを引っ張る、そういった存在が必要」と記した。田中の加入は戦力アップにつながるはず。しかし、冒頭の関係者は田中の派遣については否定的だ。

「小久保監督が今夏に渡米した際、最も参加に意欲を見せたのが田中だったそうだ。2009年、13年大会に参加、09年に世界一になっており、数少ない国際大会として日の丸を背負うことに意義を感じているようだが、最終的にヤンキースが認めないだろう。田中は一昨年、右肘の靱帯を損傷していていまだ完治していないからね。過去の大会を振り返っても、ヤンキースは選手派遣には消極的だった。日本人メジャーは、黒田博樹が13年大会を辞退、松井秀喜も野手でありながら出場がかなわなかった。田中は7年161億円の大型契約を結んでおり、故障が再発したら今後の契約を棒に振ることになる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る