マエケン来季変身 “省エネ投法”で10.5億円の出来高狙う

公開日: 更新日:

「いろいろと経験できていい一年だった」――。

 メジャー1年目を終えて27日早朝に帰国したドジャース・前田健太(28)がこう言った。

 今季は32試合に登板して16勝11敗、防御率3.48。チームでは唯一、開幕からローテーションを守り、エースのサイ・ヤング賞左腕カーショウが腰痛で離脱した夏場にはエース格として投手陣を牽引した。

「16勝できたし、ポストシーズンでも投げられた。成長できた一年だったと思う」(前田)

■防御率2点台と200イニング登板

 もっとも、シーズン終盤に息切れし、ポストシーズンは3試合(計10.2回)で0勝1敗、防御率6.75。最長4回と振るわず、「自分がいい投球をできなかった悔しさはある」と厳しい表情で話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る