マエケン来季変身 “省エネ投法”で10.5億円の出来高狙う

公開日:  更新日:

「いろいろと経験できていい一年だった」――。

 メジャー1年目を終えて27日早朝に帰国したドジャース・前田健太(28)がこう言った。

 今季は32試合に登板して16勝11敗、防御率3.48。チームでは唯一、開幕からローテーションを守り、エースのサイ・ヤング賞左腕カーショウが腰痛で離脱した夏場にはエース格として投手陣を牽引した。

「16勝できたし、ポストシーズンでも投げられた。成長できた一年だったと思う」(前田)

■防御率2点台と200イニング登板

 もっとも、シーズン終盤に息切れし、ポストシーズンは3試合(計10.2回)で0勝1敗、防御率6.75。最長4回と振るわず、「自分がいい投球をできなかった悔しさはある」と厳しい表情で話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る