マエケン来季変身 “省エネ投法”で10.5億円の出来高狙う

公開日: 更新日:

「いろいろと経験できていい一年だった」――。

 メジャー1年目を終えて27日早朝に帰国したドジャース・前田健太(28)がこう言った。

 今季は32試合に登板して16勝11敗、防御率3.48。チームでは唯一、開幕からローテーションを守り、エースのサイ・ヤング賞左腕カーショウが腰痛で離脱した夏場にはエース格として投手陣を牽引した。

「16勝できたし、ポストシーズンでも投げられた。成長できた一年だったと思う」(前田)

■防御率2点台と200イニング登板

 もっとも、シーズン終盤に息切れし、ポストシーズンは3試合(計10.2回)で0勝1敗、防御率6.75。最長4回と振るわず、「自分がいい投球をできなかった悔しさはある」と厳しい表情で話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る