• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正妻のリード追い風 ダルに日本人初サイ・ヤング賞の期待

 米球界で今季、最も活躍が期待される日本人投手はレンジャーズ・ダルビッシュ有(30)だ。

 MLB公式サイトは5日(日本時間6日)、今季のポジション別の成績予想を発表。先発投手部門ではダルが15勝9敗、防御率3.32で11位に入り、ヤンキース・田中(14勝7敗=21位)、ドジャース・前田(13勝11敗=34位)、マリナーズ・岩隈(12勝10敗=72位)を抑えて日本人トップにランクされた。

 同サイトでは「肘の手術から復帰2年目は昨季よりも投球が安定し、30試合登板、200奪三振をクリアすればア・リーグのサイ・ヤング賞争いに名を連ねるだろう」としている。

 ダルは今季が6年契約の最終年。2日付の地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」はダルの来季以降の契約について「期間は5~6年で、年俸3000万ドル(約34億5000万円)」と予想し、早ければ春季キャンプ中に交渉が行われる見通しと伝えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る