日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー不参加の侍J投手陣はダルが“心のよりどころ”

 日本人メジャー投手のWBC不参加が決まった侍ジャパン。過去3大会で出場経験がある投手は牧田(32=西武)のみ。投手陣の国際大会の経験不足に対し、メディアでは早くも懸念の声が出始めている。

 大谷(22=日本ハム)との2枚看板として期待される菅野(27=巨人)が新球のチェンジアップ習得に励むなど、個々のメンバーが大会に向けて調整ペースを早める中、投手陣の頼みの綱になりそうなのが、09年大会で日本代表の世界一に貢献したダルビッシュ(30=レンジャーズ)だという。

 ダルは15年3月にトミー・ジョン手術を受けたことなどを考慮し、代表入りを辞退したが、このオフは都内のトレーニング施設を拠点に、大谷や則本(26=楽天)、藤浪(22=阪神)、坂本(28=巨人)、中田(27=日本ハム)といった侍メンバーとともに汗を流した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事