競泳男子 瀬戸と萩野に立ちはだかる“ハンガリーの刺客”

公開日: 更新日:

 世界選手権(7月、ブダペスト)の代表選考会を兼ねた競泳日本選手権初日(13日)の男子400メートル個人メドレーで優勝(4分10秒44)した瀬戸大也(22)、2位の萩野公介(22)。揃って代表内定を勝ち取り、「世界選手権はワンツーフィニッシュしたい」と口を揃える2人には、開催地ハンガリーのベテランスイマーが立ちはだかりそうだ。

 今季好調なダビド・ベッラスト(28)だ。過去の五輪にはロンドン、リオと2大会連続で出場しているものの、いずれも平凡なタイムで予選落ち。これまで世界では無名だったベッラストが、今季は出場した大会で好記録を連発し、3月のゴールデンツアー(フランス・マルセイユ)では4分10秒01で優勝。この記録は瀬戸、萩野の日本勢2人を抑えて、今季のシーズンベストである(14日現在)。

 ハンガリーメディアの取材にベッラストは「特に練習やトレーニングを変えてないが、いい泳ぎができているのは自分でも実感している。世界選手権でも納得のいく泳ぎで結果を残したい」と表彰台を目標に掲げている。ベッラストには地の利やバックアップも期待できるだけに、世界選手権でも好タイムをマークする可能性がある。瀬戸と萩野はこのベテランスイマーに後れを取りかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  7. 7

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  10. 10

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る