競泳男子 瀬戸と萩野に立ちはだかる“ハンガリーの刺客”

公開日:  更新日:

 世界選手権(7月、ブダペスト)の代表選考会を兼ねた競泳日本選手権初日(13日)の男子400メートル個人メドレーで優勝(4分10秒44)した瀬戸大也(22)、2位の萩野公介(22)。揃って代表内定を勝ち取り、「世界選手権はワンツーフィニッシュしたい」と口を揃える2人には、開催地ハンガリーのベテランスイマーが立ちはだかりそうだ。

 今季好調なダビド・ベッラスト(28)だ。過去の五輪にはロンドン、リオと2大会連続で出場しているものの、いずれも平凡なタイムで予選落ち。これまで世界では無名だったベッラストが、今季は出場した大会で好記録を連発し、3月のゴールデンツアー(フランス・マルセイユ)では4分10秒01で優勝。この記録は瀬戸、萩野の日本勢2人を抑えて、今季のシーズンベストである(14日現在)。

 ハンガリーメディアの取材にベッラストは「特に練習やトレーニングを変えてないが、いい泳ぎができているのは自分でも実感している。世界選手権でも納得のいく泳ぎで結果を残したい」と表彰台を目標に掲げている。ベッラストには地の利やバックアップも期待できるだけに、世界選手権でも好タイムをマークする可能性がある。瀬戸と萩野はこのベテランスイマーに後れを取りかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る