実業家・北島康介が狙う 五輪アスリート界に“王国”の樹立

公開日:

「チーム・コウスケ」の結成となった。

 24日、北京・アテネの五輪競泳で2種目2冠の北島康介(34)が社長を務めるマネジメント会社から、リオ五輪競泳400メートル個人メドレー金メダリストの萩野公介(22)とマネジメント契約を結ぶことが発表された。

 水泳を始めて4年後、アテネで2冠に輝く北島の姿を見ていた萩野は「幼い頃から憧れの存在だった北島さんと、このような形でご一緒できるのは非常にうれしく心強い。4年後は東京で五輪が行われるので、最高の結果が出せるよう、さらに頑張っていきたい」と抱負を語った。

 09年にマネジメント会社を設立した北島は、柔道60キロ級で五輪3連覇を達成した野村忠宏(41)とも契約している。マネジメント業の他に、自身のスイミングクラブや代官山の超高級アスリート施設の運営、ファッション雑誌、カフェ、デザインスタジオなど手広くプロデュースしている。昨年3月末には、トレーニング用具や知識を提供するアメリカ企業の日本法人代表取締役兼GMにも就任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る