年俸知り決意 競泳・萩野プロ転向にハム大谷からの刺激

公開日: 更新日:

 男子体操の内村航平(27)に続いて、リオ五輪金メダリストがプロの門を叩く。

 競泳男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(22、東洋大)が来春の大学卒業後にプロスイマーとして活動するという。競泳ではアテネ、北京2大会連続平泳ぎ2冠で今年4月に引退した北島康介(34)に続く2人目のプロ選手となる。

 水泳関係者によると、日本競泳陣のエースである萩野は大学卒業後の就職先として、スポーツ用品メーカーを筆頭に複数の企業から勧誘されたそうだ。好条件のオファーを蹴って、最終的にプロの道を選んだのは、同世代のあの二刀流選手の影響も少なくないという。「二刀流選手」とは、日本ハム大谷翔平(22)のことだ。

 大谷、萩野の他にもフィギュアスケート羽生結弦、同じ競泳の瀬戸大也ら94年生まれにはトップアスリートが名を連ねる。この94年世代は表彰式などで顔を合わせた際に意気投合し時間を見つけては競技の垣根を越えて、トレーニング法などの情報交換を図っている。水泳関係者によれば、大谷からプロ野球選手の年俸を聞いた萩野は、サラリーマンの生涯賃金(約2億~3億円)との桁の違いに驚きを隠さなかったとか。企業に所属して泳ぐよりも、プロアスリートとして活動した方が収入が見込めるとソロバンをはじいたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る