個人成績だけじゃない ダルに求められる“エースの役割”

公開日:

 98~00年、ヤンキースがワールドシリーズを3連覇した当時、3連戦の初戦に投げる先発は、自分が勝利投手になることだけを考えていたわけではなかった。結果を出したうえで、なおかつ内角球を使って意図的に相手チームの打撃を崩していた。2、3戦目の投手に楽に投げさせるためだ。

 速球系の球で執拗に打者の内角を攻める。打者は次第にポイントを前に置くようになり、体の開きが早くなる。そうやって相手打者の打撃を崩し、2戦目以降の投手が外角変化球をより有効に使えるように心掛けていた。

 18日(日本時間19日)のアスレチックス戦に先発したレンジャーズのエース・ダルビッシュ(30)は、2点リードの6回に崩れて今季ワーストタイの4失点。今季2敗目を喫したものの、前回13日のエンゼルス戦では内角球をうまく使っていた。

 エンゼルス戦では序盤に150キロ台後半の速球やツーシームで内角の厳しいコースを攻めたことによって、外角スライダーが面白いように決まった。7回を投げて、10奪三振、無失点。首脳陣は「インコースをうまく使った」と口をそろえた。序盤に内角球でエサをまき、打者がポイントを前に置いたところで、外角の変化球で泳がせた。勝つために理想的な投球には違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る