開幕戦勝てず…ダルを駆り立てる“門下生”へのライバル心

公開日: 更新日:

 メジャー6年目にして初の開幕マウンドに立った。レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が3日(日本時間4日)、本拠地テキサス州アーリントンで行われたインディアンス戦に先発、七回と3分の1を投げて4安打4失点だった。七回に二塁打と自らの2つの暴投で1点差とされたところで降板。レンジャーズは同点の九回、勝ち越され初戦を落とした。

■レンジャーズGMは長期契約に二の足

 そのダルは今季が6年契約の最終年。シーズン終了までに契約延長や再契約交渉がまとまらなければオフにFAとなる。

 レンジャーズのダニエルズGMは昨年11月のGMミーティングで、ダルとの再契約について「近々、話し合うことになる」と断言。一時は今季の開幕前までに合意を目指すと示唆しながら、進展した気配はない。

 交渉が遅々として進まないのは、レンジャーズのオファーに対してダルサイドがクビを縦に振らないからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る