• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ナインに溶け込むダルビッシュ 初勝利後に投手陣と食事会

 大リーグの中でも日本人投手の実力は折り紙つき。今季は4人が先発ローテに入り、そのうちの2人は開幕投手を務めた。

 実力や実績からいっても、ロッカールームやグラウンド外で、ナインの輪の中心にいられる立場なのに、たいていはそうじゃない。球場を離れると、通訳や日本からの報道陣と行動を共にするケースが圧倒的に多い。

 そんな中で、珍しくナインに溶け込んでいるのがレンジャーズのダルビッシュ有(30)だ。

 今季3試合目にして初勝利を挙げた13日(日本時間14日)のエンゼルス戦後、ツイッターで「今日はピッチャーだけで食事会」とつぶやき、インスタグラムに飲食店でナインと夕食を囲むシーンをアップした。写真は次の遠征地であるシアトルの和食店で、ナインと談笑した際のひとコマだ。

 この日は六回終了時点で8―0とリードし、球数は96球。手術明け2年目の現状を考慮すれば100球手前の降板も当然だったが、もう1イニング投げると続投を志願して七回のマウンドに向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事