ヤンキース田中に援軍 昇格の日系人捕手は“日本語使い”

公開日: 更新日:

 名門球団に“日本人”バッテリーが誕生する。

 田中将大(28)のヤンキースに日系人捕手のカイル・ヒガシオカ(26)が昇格。8日(日本時間9日)に右上腕二頭筋の張りで故障者リスト(DL)入りした正捕手ゲーリー・サンチェス(24)に代わって初のメジャー登録である。

 昨季の田中は、サンチェスとのバッテリー防御率1.94と相性抜群だった。強肩強打の正妻の離脱は田中にとって痛手になりかねないが、ヒガシオカが穴を埋める働きを見せる可能性もある。

 ヒガシオカは招待選手として参加した昨春のキャンプ中、クラブハウスで田中と通訳を交えて会話して以来、日本語の習得に励んだ。「いずれは日本語をマスターしたいと思っていた」そうで、今ではカタコトながら話せるようになったという。

 田中と通訳に教わり、大半の野球用語は理解している。真っすぐや変化球の球種はもちろん「ナイカク、ガイカク、タカメ、ヒクメ」とコースの使い分けもばっちりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る