ヤンキース田中に援軍 昇格の日系人捕手は“日本語使い”

公開日: 更新日:

 名門球団に“日本人”バッテリーが誕生する。

 田中将大(28)のヤンキースに日系人捕手のカイル・ヒガシオカ(26)が昇格。8日(日本時間9日)に右上腕二頭筋の張りで故障者リスト(DL)入りした正捕手ゲーリー・サンチェス(24)に代わって初のメジャー登録である。

 昨季の田中は、サンチェスとのバッテリー防御率1.94と相性抜群だった。強肩強打の正妻の離脱は田中にとって痛手になりかねないが、ヒガシオカが穴を埋める働きを見せる可能性もある。

 ヒガシオカは招待選手として参加した昨春のキャンプ中、クラブハウスで田中と通訳を交えて会話して以来、日本語の習得に励んだ。「いずれは日本語をマスターしたいと思っていた」そうで、今ではカタコトながら話せるようになったという。

 田中と通訳に教わり、大半の野球用語は理解している。真っすぐや変化球の球種はもちろん「ナイカク、ガイカク、タカメ、ヒクメ」とコースの使い分けもばっちりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  10. 10

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る