ヤンキース田中に援軍 昇格の日系人捕手は“日本語使い”

公開日:

 名門球団に“日本人”バッテリーが誕生する。

 田中将大(28)のヤンキースに日系人捕手のカイル・ヒガシオカ(26)が昇格。8日(日本時間9日)に右上腕二頭筋の張りで故障者リスト(DL)入りした正捕手ゲーリー・サンチェス(24)に代わって初のメジャー登録である。

 昨季の田中は、サンチェスとのバッテリー防御率1.94と相性抜群だった。強肩強打の正妻の離脱は田中にとって痛手になりかねないが、ヒガシオカが穴を埋める働きを見せる可能性もある。

 ヒガシオカは招待選手として参加した昨春のキャンプ中、クラブハウスで田中と通訳を交えて会話して以来、日本語の習得に励んだ。「いずれは日本語をマスターしたいと思っていた」そうで、今ではカタコトながら話せるようになったという。

 田中と通訳に教わり、大半の野球用語は理解している。真っすぐや変化球の球種はもちろん「ナイカク、ガイカク、タカメ、ヒクメ」とコースの使い分けもばっちりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る