• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルト杉浦とハム屋宜 低迷2球団駆け込みトレード損得

 7月末の締め切り間際の駆け込みトレードだ。

 ヤクルトと日本ハムは24日、杉浦稔大(25)と屋宜照悟(28)両投手のトレードを発表した。

 杉浦は2013年ドラフト1位でヤクルトに入団し、通算33試合で6勝8敗、防御率4.95。今季は中継ぎとして5試合に登板したが、4月に右肩痛のため登録抹消。今年1月には「モーニング娘。」出身で元テレ東アナの紺野あさ美さんと入籍していた。

 一方の屋宜は、JX―ENEOSから12年同6位で日本ハムに入団。5年間で通算21試合に出場、3勝0敗、防御率5.16。ここ2年は一軍登板がなかった。

 杉浦は日ハムの地元・北海道出身。今は右肩のリハビリに専念しているが、先発でも中継ぎでも使える。すでに来季続投が内定している栗山監督は将来性を買ったというから、来季を見据えたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る