ラストチャンスで二軍落ち 中日・高橋周にトレード説浮上

公開日: 更新日:

「これでトレードもあるんじゃないか」

 中日高橋周平(23)について、名古屋ではこんな声が出ている。

 東海大甲府高から2011年のドラフトで、ヤクルトなどとの競合の末に1位入団。将来の4番候補と期待されながら、6年目の今季も開幕一軍を逃した。

 去る4日に一軍昇格したものの、8試合で18打数2安打、打率.111、0本塁打、1打点。好機でバントを命じられるなど、18日には再び二軍落ちとなった。

 昨季までの高橋は、優先的にチャンスを与えられてきたが、それでも通算成績は打率.232、21本塁打。期待だけで使う時期は過ぎたとばかりに、今季は特別扱いしない方針を首脳陣が掲げていた。今回の昇格は二軍の推薦がない中で、あえて一軍に引き上げたという事実上のラストチャンス。本職の三塁には助っ人のゲレーロや、二塁と併用されている亀沢がいる。今後はチャンスが限られるだけに、高橋のトレード説が浮上しているというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る