日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酒乱暴行でチーム構想ブチ壊し…巨人・山口俊の四面楚歌

 21日のDeNA戦で先制した3点を守り切れず、延長十二回の末に引き分けに終わった巨人。右手にケガを負って訪れた病院で、酒に酔って扉を破壊し、警備員に暴行を働いた疑いがある巨人の山口俊(30)は、球団の指示で練習を自粛しているため、この日も姿を見せることはなかった。

 病院、警備員から被害届が出され、警視庁が捜査中。2015年の野球賭博事件以来、巨人と親会社の読売が最も重視している「コンプライアンス」の重大違反だけに、上層部はもちろん、現場のユニホーム組だって怒っている。

 特に失望しているのは村田真一ヘッドコーチ(53)ではないか。交流戦後に巻き返しのポイントとして「打線強化? いや、大事なのはやっぱり先発投手よ。山口(俊)が1枚入っただけで、かなり大きい。あの安定感はこれまでの投手とはえらい違いや」と右肩痛で出遅れながら、6月に巨人デビューを果たし、いきなり1勝を挙げたこのFA右腕を絶賛。借金生活にあえぐチームが浮上するためのキーマンに指名していたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事