• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酒乱暴行でチーム構想ブチ壊し…巨人・山口俊の四面楚歌

 21日のDeNA戦で先制した3点を守り切れず、延長十二回の末に引き分けに終わった巨人。右手にケガを負って訪れた病院で、酒に酔って扉を破壊し、警備員に暴行を働いた疑いがある巨人の山口俊(30)は、球団の指示で練習を自粛しているため、この日も姿を見せることはなかった。

 病院、警備員から被害届が出され、警視庁が捜査中。2015年の野球賭博事件以来、巨人と親会社の読売が最も重視している「コンプライアンス」の重大違反だけに、上層部はもちろん、現場のユニホーム組だって怒っている。

 特に失望しているのは村田真一ヘッドコーチ(53)ではないか。交流戦後に巻き返しのポイントとして「打線強化? いや、大事なのはやっぱり先発投手よ。山口(俊)が1枚入っただけで、かなり大きい。あの安定感はこれまでの投手とはえらい違いや」と右肩痛で出遅れながら、6月に巨人デビューを果たし、いきなり1勝を挙げたこのFA右腕を絶賛。借金生活にあえぐチームが浮上するためのキーマンに指名していたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  8. 8

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る