• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初実戦いきなりHR 新助っ人リベロはヤクルトの救世主か

「自分としては感触はすごく良かった」

 20日、ヤクルトの新助っ人・リベロ(29=ダイヤモンドバックス3A)が二軍の楽天戦に「2番・一塁」で来日初スタメン出場。3打席目に左越えのソロ本塁打を放ったリベロは、「僕はチームの助っ人として来ている。その役割が果たせるように頑張りたい。今すぐにでも一軍に行きたい気持ちだ」と意気込むと、高津二軍監督は「何試合も見ているわけではないけど、あまり三振するタイプではないだろうし、パワーも兼ね備えている」と評価した。

 一軍は7月に入って白星なしの13連敗中。主力にケガ人が続出し、チーム打率・229と貧打は深刻だ。キャンプ中に椎間板ヘルニアでリタイアした川端は、一軍復帰までもう少し時間がかかりそう。救世主としてリベロにかかる期待は大きいだけに、21日の二軍戦出場を経て、早ければ同日からの阪神3連戦中にも一軍昇格の可能性がありそうだが、問題は実戦感覚だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る