• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
岡島秀樹
著者のコラム一覧
岡島秀樹元プロ野球選手

1975年12月25日生まれ。京都市出身。東山高から93年のドラフト3位で巨人入団。2006年にトレードで日本ハムに移籍し、同年11月にレッドソックスと契約。移籍1年目はセットアッパーとしてチームの世界一に貢献した。12年にソフトバンクで日本球界に復帰してからは日米3球団を渡り歩いた。メジャー通算266試合に登板し、17勝8敗、6セーブ、防御率3.09。

一発を許した打者走者から絶対に目を離さない理由

 去年のワールドシリーズではダルビッシュ君(当時ドジャース)へのアストロズ・グリエル内野手による人種差別行為が問題になりました。

 メジャーでは差別行為はもってのほかですが、相手を侮辱するのもタブーのひとつとされています。

 具体的に言えば、本塁打を放った選手がホームに生還するまでに、派手なガッツポーズをしたり、相手投手を挑発するようなジェスチャーは全て侮辱行為とみなされます。逆に投手が打ち取った時も、相手の感情を逆なでしないように、マウンド上で喜びは控えめにする必要があります。ピンチを脱した時は、マウンドを降りてベンチに戻る際に自軍のナインに向けて雄たけびをあげたりします。

 今季、メジャーリーグを観戦する際、本塁打を打たれた投手をじっくりと観察してみて下さい。マウンド上で悔しそうな表情を見せながらも、本塁を踏むまで打者走者から目を離すことは絶対にしません。相手打者に侮辱行為がないかを観察するためです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る