岡島秀樹
著者のコラム一覧
岡島秀樹元プロ野球選手

1975年12月25日生まれ。京都市出身。東山高から93年のドラフト3位で巨人入団。2006年にトレードで日本ハムに移籍し、同年11月にレッドソックスと契約。移籍1年目はセットアッパーとしてチームの世界一に貢献した。12年にソフトバンクで日本球界に復帰してからは日米3球団を渡り歩いた。メジャー通算266試合に登板し、17勝8敗、6セーブ、防御率3.09。

一発を許した打者走者から絶対に目を離さない理由

公開日:  更新日:

 去年のワールドシリーズではダルビッシュ君(当時ドジャース)へのアストロズ・グリエル内野手による人種差別行為が問題になりました。

 メジャーでは差別行為はもってのほかですが、相手を侮辱するのもタブーのひとつとされています。

 具体的に言えば、本塁打を放った選手がホームに生還するまでに、派手なガッツポーズをしたり、相手投手を挑発するようなジェスチャーは全て侮辱行為とみなされます。逆に投手が打ち取った時も、相手の感情を逆なでしないように、マウンド上で喜びは控えめにする必要があります。ピンチを脱した時は、マウンドを降りてベンチに戻る際に自軍のナインに向けて雄たけびをあげたりします。

 今季、メジャーリーグを観戦する際、本塁打を打たれた投手をじっくりと観察してみて下さい。マウンド上で悔しそうな表情を見せながらも、本塁を踏むまで打者走者から目を離すことは絶対にしません。相手打者に侮辱行為がないかを観察するためです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る