大揺れの角界でまた…春日野親方が弟子の傷害事件を隠蔽

公開日:

 日馬富士の傷害事件、立行司のセクハラ騒動、大砂嵐の無免許追突事故などで揺れる角界でまたも暴力沙汰が発覚した。春日野部屋に所属し、その後引退した元力士が弟弟子を殴ってケガを負わせていたことが分かったのだ。しかも春日野親方は事件を公表していなかった。

 事件が起きたのは2014年9月、13年に新弟子検査に合格した23歳の元力士が7カ月前に入門したばかり弟弟子(22)の顔を拳で殴ったり、腹を蹴ったりした。弟弟子は全治1年6カ月と診断され、顎の骨折で味覚障害などの後遺症が残り、引退を余儀なくされた。

 14年10月、弟弟子は警視庁に刑事告訴。殴った元力士は書類送検され、16年6月、東京地裁で有罪判決を受けた。元力士は15年7月の名古屋場所を最後に引退した。

 春日野親方は16年3月に相撲協会の理事に就任。事件を公表せず、ひた隠しにしていた。角界の隠蔽体質として批判を浴びそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る