• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大揺れの角界でまた…春日野親方が弟子の傷害事件を隠蔽

 日馬富士の傷害事件、立行司のセクハラ騒動、大砂嵐の無免許追突事故などで揺れる角界でまたも暴力沙汰が発覚した。春日野部屋に所属し、その後引退した元力士が弟弟子を殴ってケガを負わせていたことが分かったのだ。しかも春日野親方は事件を公表していなかった。

 事件が起きたのは2014年9月、13年に新弟子検査に合格した23歳の元力士が7カ月前に入門したばかり弟弟子(22)の顔を拳で殴ったり、腹を蹴ったりした。弟弟子は全治1年6カ月と診断され、顎の骨折で味覚障害などの後遺症が残り、引退を余儀なくされた。

 14年10月、弟弟子は警視庁に刑事告訴。殴った元力士は書類送検され、16年6月、東京地裁で有罪判決を受けた。元力士は15年7月の名古屋場所を最後に引退した。

 春日野親方は16年3月に相撲協会の理事に就任。事件を公表せず、ひた隠しにしていた。角界の隠蔽体質として批判を浴びそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る