大揺れの角界でまた…春日野親方が弟子の傷害事件を隠蔽

公開日: 更新日:

 日馬富士の傷害事件、立行司のセクハラ騒動、大砂嵐の無免許追突事故などで揺れる角界でまたも暴力沙汰が発覚した。春日野部屋に所属し、その後引退した元力士が弟弟子を殴ってケガを負わせていたことが分かったのだ。しかも春日野親方は事件を公表していなかった。

 事件が起きたのは2014年9月、13年に新弟子検査に合格した23歳の元力士が7カ月前に入門したばかり弟弟子(22)の顔を拳で殴ったり、腹を蹴ったりした。弟弟子は全治1年6カ月と診断され、顎の骨折で味覚障害などの後遺症が残り、引退を余儀なくされた。

 14年10月、弟弟子は警視庁に刑事告訴。殴った元力士は書類送検され、16年6月、東京地裁で有罪判決を受けた。元力士は15年7月の名古屋場所を最後に引退した。

 春日野親方は16年3月に相撲協会の理事に就任。事件を公表せず、ひた隠しにしていた。角界の隠蔽体質として批判を浴びそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る