• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無免許で追突事故の大砂嵐 “無断結婚”で師匠激怒の過去も

 いずれも大相撲初のエジプト出身にしてイスラム教徒――。そんな異色の力士が十両の大砂嵐(25)だ。

 角界には「現役力士は運転禁止」というルールがある。これを破った上、無免許で追突事故というのだから、同情の余地は一片もない。この大砂嵐、改めてどんな力士なのか。

 1992年、エジプト・カイロ市生まれ。相撲には興味がなく、ボディービルに熱心だった。学生時代にジムで出会った相撲経験者と遊び半分で対戦。当時120キロだった大砂嵐だが、60キロそこそこの相手にコテンパンにされた。そこから相撲に興味を持ち、12年3月場所で初土俵を踏むと、1年足らずで幕下に昇進。十両をわずか2場所で通過し、13年11月場所では新入幕を果たした。

 本場所中にイスラム教の断食月(ラマダン)が重なるなど、他の力士にはない苦労をこなすも、近年は足のケガで低迷していた。大砂嵐を象徴する「技」といえば、白鵬のそれよりも激しい横殴りのヒジ打ち。あまりに乱暴な取り口には非難が集まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る