全治2週間が「3カ月」に…貴ノ岩の休場に“疑惑の診断書”

公開日:

 一体、この2カ月間で何があったのか。

 14日初日の大相撲1月場所を休場する貴ノ岩(27)の診断書が、12日に公表された。

 診断書によれば、「平成29年10月26日、頭部外傷、頭皮裂創痕、右乳突蜂巣炎痕あり。繰り返す頭部打撲は、慢性硬膜下血腫発症の危険性を増すため、受傷後約3カ月程度は頭部打撲を避ける必要があり、上記により、平成30年1月の就業は困難であると考える」とある。

 10月26日といえば、貴ノ岩が日馬富士に殴られた日だ。しかし、昨年11月場所2日目に提出された診断書では、「全治2週間」とあった。それがいつのまにか、3カ月も相撲を取れない体になってしまったことになる。

 以前の診断書については、警察、検察ともに問題はないと見ていた。なのに貴乃花親方(45)は以前から、貴ノ岩の1月場所休場をほのめかしていた。つまり、「こんなに重いケガなんですよ」とアピールすることで、いかに被害が大きいかを訴えたかったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る