• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国出身の父の夢「第2の故郷となった仙台を卓球王国に」

 羽生結弦の復帰が取り沙汰されていた1月末、羽生の地元である宮城県仙台市は、もうひとつの驚きで沸き立った。仙台出身の張本智和が、全日本卓球選手権の男子シングルス決勝で水谷隼を破り、日本卓球界の頂点に立ったのだ。水谷がリオデジャネイロ五輪で日本に最初のメダルを持ち帰った快挙は、まだ記憶に新しい。全日本選手権で史上最多の9度の優勝を誇る押しも押されもしないエースを、14歳6カ月の中学2年生が退けたのだから、驚くのも無理はないだろう。

「今日の張本がいつも通りだとしたら、何回やっても勝てないと思う」

「張本が来る前に、たくさん優勝していてよかった」

 張本は、世界の舞台で中国勢の攻撃をしのいできた水谷の鉄のディフェンスに立ち向かい、攻めまくった。超前陣の高い打球点から、フォア、バックと両ハンドを力強く振り、文字通りの高速卓球で押しまくった――水谷が潔く天才少年の実力を認めたのは、これが初めての番狂わせではなかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る