中国出身の父の夢「第2の故郷となった仙台を卓球王国に」

公開日: 更新日:

 羽生結弦の復帰が取り沙汰されていた1月末、羽生の地元である宮城県仙台市は、もうひとつの驚きで沸き立った。仙台出身の張本智和が、全日本卓球選手権の男子シングルス決勝で水谷隼を破り、日本卓球界の頂点に立ったのだ。水谷がリオデジャネイロ五輪で日本に最初のメダルを持ち帰った快挙は、まだ記憶に新しい。全日本選手権で史上最多の9度の優勝を誇る押しも押されもしないエースを、14歳6カ月の中学2年生が退けたのだから、驚くのも無理はないだろう。

「今日の張本がいつも通りだとしたら、何回やっても勝てないと思う」

「張本が来る前に、たくさん優勝していてよかった」

 張本は、世界の舞台で中国勢の攻撃をしのいできた水谷の鉄のディフェンスに立ち向かい、攻めまくった。超前陣の高い打球点から、フォア、バックと両ハンドを力強く振り、文字通りの高速卓球で押しまくった――水谷が潔く天才少年の実力を認めたのは、これが初めての番狂わせではなかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る