中国出身の父の夢「第2の故郷となった仙台を卓球王国に」

公開日:  更新日:

 羽生結弦の復帰が取り沙汰されていた1月末、羽生の地元である宮城県仙台市は、もうひとつの驚きで沸き立った。仙台出身の張本智和が、全日本卓球選手権の男子シングルス決勝で水谷隼を破り、日本卓球界の頂点に立ったのだ。水谷がリオデジャネイロ五輪で日本に最初のメダルを持ち帰った快挙は、まだ記憶に新しい。全日本選手権で史上最多の9度の優勝を誇る押しも押されもしないエースを、14歳6カ月の中学2年生が退けたのだから、驚くのも無理はないだろう。

「今日の張本がいつも通りだとしたら、何回やっても勝てないと思う」

「張本が来る前に、たくさん優勝していてよかった」

 張本は、世界の舞台で中国勢の攻撃をしのいできた水谷の鉄のディフェンスに立ち向かい、攻めまくった。超前陣の高い打球点から、フォア、バックと両ハンドを力強く振り、文字通りの高速卓球で押しまくった――水谷が潔く天才少年の実力を認めたのは、これが初めての番狂わせではなかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る