• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ユーティリティーはシャフトの先端径で弾道の高さが異なる

 ロングアイアンの代わりとしてすっかり定着したのがユーティリティークラブ(UT)です。

 ヘッド形状はウッドとアイアンを足して2で割った形状。この形状によりロングアイアンよりもミスに強く、かつ飛距離が稼げるようになっています。

 さて、このUTを選ぶポイントはいくつかありますが、アマチュアゴルファーが見逃しがちなのがシャフトの先端側の太さです。

 ドライバーやアイアンはシャフト先端側の太さがほぼ決まっているのに対して、UTは先端側の太さにバリエーションがあるのです。

 具体的に言うと、先端側の太さは3種類あって、細い順から、8・5ミリ(335チップ)、8・9ミリ(350チップ)、9・4ミリ(370チップ)があります。

 先端の太さが8・5ミリはウッド用シャフトの太さ、8・9ミリと9・4ミリに関してはアイアン用のシャフトの太さです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る