ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

公開日:

 突然の表明に球界がざわついた。

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する「スタートトゥデイ」の前澤友作社長(42)が17日、自身のツイッターで【大きな願望】と題し、「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや地域の皆さまの笑顔を増やしたい」と球界への参入希望を表明。そのうえで「みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい。シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります」と具体的な計画案を用意し、球団経営に強い意欲を示したのだ。

 スタートトゥデイの時価総額は1兆円超。創業者で代表取締役社長の前澤氏の総資産額は3000億円を超え、2016年には経済誌フォーブスが発表する「日本の富豪50人」にも選出されている。そんな気鋭の経営者の参入表明は瞬く間に球界を駆け巡り、すぐにメディアを含めた関係者の間で買収先として名前が挙がったのが千葉ロッテである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る