ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

公開日: 更新日:

 突然の表明に球界がざわついた。

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する「スタートトゥデイ」の前澤友作社長(42)が17日、自身のツイッターで【大きな願望】と題し、「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや地域の皆さまの笑顔を増やしたい」と球界への参入希望を表明。そのうえで「みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい。シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります」と具体的な計画案を用意し、球団経営に強い意欲を示したのだ。

 スタートトゥデイの時価総額は1兆円超。創業者で代表取締役社長の前澤氏の総資産額は3000億円を超え、2016年には経済誌フォーブスが発表する「日本の富豪50人」にも選出されている。そんな気鋭の経営者の参入表明は瞬く間に球界を駆け巡り、すぐにメディアを含めた関係者の間で買収先として名前が挙がったのが千葉ロッテである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る