• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

監督と高野連がピリピリ U18吉田輝星を取り巻く超厳戒態勢

投稿日:

「かなり気を使っています」

 こう言うのは、U18の代表関係者のひとり。甲子園の大活躍で注目を集める吉田輝星(金足農)の起用についてだ。

 きょう(5日)の韓国戦での登板が濃厚になっている吉田は4日、同戦で登板予定の柿木(大阪桐蔭)と遠投に加えて短い距離でキャッチボールを行うなど、翌日に備えた。

「今大会から導入された球数制限で、1試合で50球以上だと中1日、105球以上だと中4日の登板間隔が必要になる。もし、吉田が5日に105球以上投げてしまうと、9日の決勝、もしくは3位決定戦で投げられず、1試合のみの登板で終わってしまう。球数は極力抑え、9日の決勝戦にもぶつけることも考えられます」(マスコミ関係者)

 とはいえ、実際のところは、そんなローテ構想はあってないようなものだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る