監督と高野連がピリピリ U18吉田輝星を取り巻く超厳戒態勢

公開日: 更新日:

「かなり気を使っています」

 こう言うのは、U18の代表関係者のひとり。甲子園の大活躍で注目を集める吉田輝星(金足農)の起用についてだ。

 きょう(5日)の韓国戦での登板が濃厚になっている吉田は4日、同戦で登板予定の柿木(大阪桐蔭)と遠投に加えて短い距離でキャッチボールを行うなど、翌日に備えた。

「今大会から導入された球数制限で、1試合で50球以上だと中1日、105球以上だと中4日の登板間隔が必要になる。もし、吉田が5日に105球以上投げてしまうと、9日の決勝、もしくは3位決定戦で投げられず、1試合のみの登板で終わってしまう。球数は極力抑え、9日の決勝戦にもぶつけることも考えられます」(マスコミ関係者)

 とはいえ、実際のところは、そんなローテ構想はあってないようなものだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  4. 4

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る