• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

根尾サイクル達成の裏で プロが“単独1位”で狙う選手の名前

「昨年は『清宮ドラフト』だったけど、今年は戦略を練るのが難しい」

 こう漏らすのは在京球団のスカウトだ。

 3日に開幕したU18アジア選手権。日本代表が格下の香港相手に26―0と五回コールド勝ちを収めたこの一戦、ネット裏では巨人、日本ハムら複数球団スカウトが、スタメン出場した根尾、藤原(ともに大阪桐蔭)らドラフト候補の一挙手一投足に熱視線を送った。

 甲子園で一躍時の人になった吉田(金足農)は、5日の韓国戦での先発が浮上している。

 この試合、出色の働きを見せたのが「5番・右翼」でスタメン出場した根尾である。

 試合開始直後、香港の先発左腕・ウォンの最速100キロ前後の超遅球に対し、チーム初安打となる適時三塁打を放って猛打の口火を切ると、2打席目には初球を右翼席に大会1号本塁打。さらに安打、二塁打を重ねてサイクル安打を達成するなど、5打数5安打5打点だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る