• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

吉田輝星は881球 甲子園限定「球数制限」プランを考える

 8月28日に神宮で行われた高校日本代表と大学日本代表の試合をテレビ解説した。

 三塁打を含む2安打の根尾(大阪桐蔭)、本塁打を含む2安打の小園(報徳学園)の2人は、ドラフト上位候補の実力を見せたが、私の目に留まったのは蛭間(浦和学院)である。

 左投げ左打ちの外野手。逆方向の左翼ポール際に大ファウルを打ち込んだ。全員を練習から見たが、メンバーの中で最もスイングスピードが速い。木製バットを苦にしないタイプで、この先が楽しみな選手だ。

 夏の甲子園100回大会は、準優勝した金足農のエース吉田の大会だった。秋田大会から1人で投げ続け、最後に力尽きたものの、県立農業高校を決勝まで導き、一躍ヒーローになった。球数は甲子園6試合に登板して881球。秋田大会の636球を合わせ、通算1517球を投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る