小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

吉田輝星は881球 甲子園限定「球数制限」プランを考える

公開日: 更新日:

 8月28日に神宮で行われた高校日本代表と大学日本代表の試合をテレビ解説した。

 三塁打を含む2安打の根尾(大阪桐蔭)、本塁打を含む2安打の小園(報徳学園)の2人は、ドラフト上位候補の実力を見せたが、私の目に留まったのは蛭間(浦和学院)である。

 左投げ左打ちの外野手。逆方向の左翼ポール際に大ファウルを打ち込んだ。全員を練習から見たが、メンバーの中で最もスイングスピードが速い。木製バットを苦にしないタイプで、この先が楽しみな選手だ。

 夏の甲子園100回大会は、準優勝した金足農のエース吉田の大会だった。秋田大会から1人で投げ続け、最後に力尽きたものの、県立農業高校を決勝まで導き、一躍ヒーローになった。球数は甲子園6試合に登板して881球。秋田大会の636球を合わせ、通算1517球を投げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る