壮行試合で株上げたU18根尾・藤原・小園の知られざるキズ

公開日: 更新日:

 根尾昂(大阪桐蔭)が打って守って投げての「三刀流」でネット裏のスカウトの度肝を抜けば、小園海斗(報徳学園)は右翼スタンドへ本塁打を放った。去る28日、神宮で行われた大学日本代表との壮行試合で活躍したのが、U18日本代表のドラフト1位候補たちだ。

 夏の甲子園準優勝投手の吉田輝星(金足農)や4番を打つ藤原恭大(大阪桐蔭)も含め、「今年の高校3年生は近年になく逸材が多い」とネット裏のスカウトたちは口をそろえる。

 とはいえ、彼らに課題や欠点がないわけではない。

 まずは根尾。「強いて言えば足と打撃だね」と、在京球団のスカウトがこう続ける。

「センターオーバーの三塁打を放ったように走るのは遅くないけど、小園や藤原と比べると物足りない。走力というか、脚力自体が少し弱い気がするんだ。打つときに足元で踏ん張る力、打って走り出すときに地面を蹴る力がもう少しあってもいい。打撃はテークバックかな。始動するときにバットが若干、背中の方に入る。つまりボールを直線距離でとらえるのではなく、バットが遠回りしているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る