安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

柿本蓮(投手・大阪桐蔭)春は「いかり肩」夏は「なで肩」

公開日: 更新日:

 この春のセンバツを見て、そして今夏の甲子園を見て、ガラッと変わっていて驚いた。

「投手」らしくなったなぁ……。それが正直な感想だ。

 春は、全体にゴツゴツしていた。常勝・大阪桐蔭のエース格だ。勝たなきゃいけない。もしかしたら、同僚の根尾昂よりいいとこ見せなきゃ……みたいな気負いが表に見えていた。速い球を、強い球を! そんな力みも感じられて、投球を見ているこっちが息苦しく感じるほどだった。

 それが、この夏は、いくらか「ふんわり」見えていた。

 春は、捕手のサインを見る時に、もう肩に闘志がにじみ過ぎて、「いかり肩」に見えていたが、夏の甲子園のマウンドでは「なで肩」になっていた。オレが普通に投げれば打たれない……。そんな自信と余裕が伝わってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る