小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

今秋ドラ1候補 報徳学園・小園の遊撃守備位置は深すぎる

公開日: 更新日:

 10日に幕を閉じたU18のアジア選手権。日本は韓国、台湾に敗れて3位に終わった。

 先月28日に神宮で行われた高校日本代表と大学日本代表の壮行試合をテレビ解説した。今年はドラフト1位候補にも挙げられる吉田(金足農)、根尾(大阪桐蔭)、藤原(同)、小園(報徳学園)ら、メンバーは粒揃いだっただけに、残念な結果である。

 正遊撃手を務めた小園は三拍子揃った好選手だが、ずっと気になっていたことがある。

 韓国戦の初回に当たり損ねの打球をファンブル。その後、吉田が手痛い3ランを浴び、1―3で敗れた。小園は大事な韓国、台湾戦で4失策。甲子園でも芝生の中で守るなど、守備位置が極端に深いのが原因だ。

 報徳学園の前監督でもある代表の永田監督は、なぜもっと前に守らせないのか。守備範囲の広さをアピールしたいのだろうが、メリットは後方のポテンヒットを防げるくらい。前へのゴロを内野安打にしてしまうリスクの方がはるかに大きい。あの位置では一塁まで3.7~3.8秒で到達する超俊足でなくても、4.0~4.1秒のそこそこ速い選手がセーフになってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る