ドラ1候補乱立で迷走? 虎ドラフト成否は藤浪の復帰が握る

公開日: 更新日:

 阪神が今秋ドラフト(10月25日開催)を巡って、迷走しているという。パ球団のスカウトがこう話す。

「阪神はかねて、藤原の1位指名を視野に入れていた。担当スカウトは1年時から密着マークし、夏の甲子園ではスカウトら10人以上のフロントが大阪桐蔭戦に大挙していた。しかし、ドラフトが近づくにつれ、甲斐野、上茶谷(ともに東洋大)ら即戦力投手にもひかれ、さらには、甲子園で大活躍した吉田輝星(金足農)にまで興味を持ち始めている。いくら1位候補が多いとはいえ、方向性が定まっていないのではないか」

 それもこれも藤浪晋太郎(24)の不振が影響しているともっぱらだ。

 藤浪は新人年から3年連続で2ケタ勝利を挙げて以降、成績は悪化の一途をたどっている。今季は2勝3敗、防御率6.34と散々で、一軍に定着することさえままならない。さる阪神OBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る